スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

紅 -kurenai- 第11話「われ、思考う」

奥之院ってトコは暗いね。
薄暗い広い部屋に黒服を着た人間がいっぱい・・・
そんなところで一生外にもでずに暮らすなんて絶対無理だな。


さてさて。
九鳳院に乗り込もうと企む御三方

車の中で吐いたら殺すわよ・・・?

こんなことをサラッと言ってのけた紅香さんは結構気が合いそうなキャラだな。

まあ、それはさておき。
いざ九鳳院に乗り込んだは良いものの、敷地内に入ったとたんに四方から襲われて川に落ちるわ、崖からダイブするわ・・・
五月雨荘での肉取り合戦の時に乗り込んできたリンがまた出てきたけど、こんどは弥生さんが結構戦えてるねぇ。負けちゃったけど。

九鳳院の家から連れ出した時に協力してくれたという女中の人もリンがメッタ刺しで殺してしまうし、とことん嫌なキャラだなあ。
まさに下女。その通りだ。
ところで刺された時に真九郎が反応して角をだしたように思えたんだけど・・・
どうなのかな?


なんとか奥之院に入り込んでのいるところまでたどり着いたのに、竜士め。隙見てどっかへ連れて行きやがった。
というか竜士も紅香さんと関わりがあったようで。弟子?へぇ。お師匠様をフルボッコなんて良くやれるもんだ。
の頼みも聞き入れようともしてくれないし、とことんこの弟も性格が悪いな。
そういう家なのか知らんけど。



弥生さんがリンにやられて、紅香さんと真九郎もなんとか逃げ出して、伸びてた弥生さんを担いでやっとこさ逃げれたと思ったは良いものの、真九郎が一人で飛びだす。

紅香さんも弟子思いにいろいろ言いながらも雪道を車で追いかけてた辺り、来週はまた三人でリベンジ?
弥生さんはあんな状態でどうするのか。
真九郎は一人でもやるって言ってたけど、まあそのほうが面白いからいいか。(  ̄ー ̄)




次回、「我、在り」






紅~醜悪祭 上 (1) (集英社スーパーダッシュ文庫 か 9-6)紅~醜悪祭 上 (1) (集英社スーパーダッシュ文庫 か 9-6)
片山 憲太郎

紅―ギロチン (集英社スーパーダッシュ文庫) 紅 (集英社スーパーダッシュ文庫) 電波的な彼女 ~幸福ゲーム~ (スーパーダッシュ文庫) 電波的な彼女―愚か者の選択 (集英社スーパーダッシュ文庫) 電波的な彼女 (集英社スーパーダッシュ文庫)

by G-Tools

紅 2
紅 2
沢城みゆき 石毛佐和 新谷良子

関連商品
紅 3
紅 4
紅 6
紅 5
紅 1
by G-Tools
コメント

管理者だけに表示する
トラックバック
※コメント&トラックバック大歓迎!

◆記事の内容に関係のないものは予告なく削除する場合があります。

弥生さん・・・まさか死んでないよね? 借り返せてねーじゃねーかw 来週で最終回なのねん。俺はてっきり全13話かと・・・ ちゃんと...
白狼PunkRockerS 2008年06月13日 22:42:57
九鳳院に潜入した真九郎たち。 リンを弥生さんが引きうけて、紅香さんと奥の院に入った真九郎。 紫と再会するが、もう九鳳院から出ないと言...
SeRa@らくblog 2008年06月13日 23:32:28
紅 kure-nai 第11話「われ思考う」 真九郎は紅香と弥生と共に、九鳳院の屋敷へと突入を開始する!次々に襲い掛かる数多の護衛を倒して、奥へ...
Welcome to our adolescence. 2008年06月14日 03:47:08
紅 1 真九郎は紅香と弥生と共に、九鳳院の屋敷へと突入を開始する!次々に襲い掛かる数多の護衛を倒して、奥へと歩を進めていく真九郎たち。そんな彼らの前に、リン・チェンシンが立ちはだかる!彼女の相手を弥生に任せて、真九郎と紅香はついに紫がいる奥ノ院に辿り着...
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2008年06月14日 15:24:26
今期見まくって良かった、 そのお陰で出会えたと思っている「紅 kure-nai」。 前回、ヨソ様の感想にて あえてアニメ絵としてデフォルメしないキャラデザが 余計な妄想を抱かせないのでは?という考察があり 深く「なるほど~」と頷いてしまった次第です。
風庫~カゼクラ~ 2008年06月14日 23:00:48

calendar

プロフィール

CATEGORY

ブログ全記事表示

あなたに感謝。

リンク

最近のコメント

Tree-トラックバック

月別アーカイブ

アクセスランキング

カウンター

さぽている

応援中!

※著作権について

F1 NextRace!!

DVD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。