スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

CLANNAD -クラナド- 第14話 「Theory of Everything」

なんだ、なんだ!
俺がちょっと受験勉強で忙しかったからって。。。
ちょっと見てない内にことみ編終了ですか(´Д⊂グスン
まとめて見る楽しみもそれはそれで良かったけどさ・・・。

といいますか、さすが京アニ。
文句無しの最終回でした(  ̄ー ̄)
一応原作プレイ者ですが、それでも十分に泣かせてくれるデキでした。

朋也すごいなぁ。
学校を休んでまでことみとの思い出の庭をなんとしても復活させようと頑張って。
他のメンバーも手伝いますが流石朋也は徹夜までして頑張ってましたし。
そんな日の翌日は朋也も疲れ果てことみからもらった本を読みながら寝てしまったところで朋也とことみの過去が朋也視点で語られる。

そして大好きなお父さん、お母さんからのプレゼントのクマ。
偶然届いたアタッシュケース。
「ことみへ・・

世界は美しい

悲しみと、涙に満ちてさえ・・

瞳を開きなさい。やりたい事をしなさい。

なりたい物になりなさい。友達を作りなさい。

焦らず、ゆっくり大人に成りなさい。   」


一之瀬夫妻の思いとあの時ことみが燃やしてしまった「論文」の真実。
アタッシュケースが届いた経緯には多少、ツッコミたい所があったりもするけど、まぁそれは置いといて。
一之瀬夫妻もすごいものですよね。
大事な論文を捨てて、娘のためにくまのぬいぐるみを入れるなんて。
ぬいぐるみに添えられた手紙が泣かせるんだなこれ。
両親の愛が感じられました。
家族の愛。絆かな。


原作思い出しながら書いてみました。
そして次は春原ルートらしい・・・。
芽衣ルートかな。
芽衣ルートと言えば芳野さんが出てきてたからちょっと楽しみ。
あのセリフが。(笑


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 中学生日記ブログへ
コメント

管理者だけに表示する
トラックバック
※コメント&トラックバック大歓迎!

◆記事の内容に関係のないものは予告なく削除する場合があります。

CLANNAD -クラナド- 第14話 「Theory of Everything」 脚 本 :志茂文彦 絵コンテ:石立太一 演 出 :石立太一 作画監督:秋竹斉一
しばいてぃてぃ 2008年01月22日 00:42:20
「人々の無償のやさしさ、限りなき善意、というのかな。それはそれでよろし、私はべつに文句いわないです。ただ私がそんなことみ好きじゃないなーという理由考えて、今回のお話見て、それで思ったのはことみって自発的に
隠れ蓑~penseur~ 2008年01月22日 18:43:21
CLANNAD 3 (初回限定版) 巡る記憶・・・引き起こされる過去。朋也がことみとの思い出を全て思い出した時、一つの真実が明らかとなるのだった・・・。
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2008年01月24日 17:22:12

calendar

プロフィール

CATEGORY

ブログ全記事表示

あなたに感謝。

リンク

最近のコメント

Tree-トラックバック

月別アーカイブ

アクセスランキング

カウンター

さぽている

応援中!

※著作権について

F1 NextRace!!

DVD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。